イングリッシュビズ 子ども英語

香川県高松市栗林、太田、松縄、屋島、仏生山、三木町にある「子ども英語」のenglishbiz(イングリッシュビズ)です。℡087-813-6378
Posted by englishbiz   0 trackback

英語でも守(修)・破・離?!

こんにちは!

今日はタイトルを見ると「えぇぇぇぇ?!何??」と思われた方も多いのでは?
西洋言語を習得するのに、世阿弥の「守破離」??

ギャップありすぎますか?

でも、englishbizの英語教室では、まさに「英語 de 守離破」です。
派手なパフォーマンスやゲーム・歌のエンターテイメントはありません。

セールストークで、
「●ヶ月で英語が話せるようになります!」なんてことも言いません。
当スクールでは、
英語の「型」をコツコツ・コツコツ学び続けます。

まずは、「
英語の型=基礎力=英単語(語彙)を増やし、基礎文章パターンを習得します。

そして、「
基礎分から、一文字換えて、工夫を凝らして英作します。

例えば:
This is a pen. (これは、ペンです。)の基本文。
この「pen」を課題に合わせ、自分で単語をあてはめ、
少しずつ「型」を破っていきます。

課題)「人」に入れ替える。
子ども達の答えの例:
This is a girl.
This is a boy.
This is Ken.
This is my mother.
This is my grandfather.
This is Hanako.
This is my brother's friend Sam.
This is my English teacher who is from US.


といった感じで、子ども達は自分の知っている知識と
想像力を生かし、基礎をベースに発展性を持たせます。


そして、さらに上の「守」・「破」を続け、続け、
千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とし、

そしてついに、「」となり、
英語で自分の声を持つ。
自分の表現が叶う。


英語教室なのに、古典!と思われたかもしえません。
でも、モノを学ぶとき、時代が変わっても本質は変わらない。

基礎の無い、根の無い木は大きくは成れない。
しっかり、根の深い安定した根があるから、大輪が花開く。


子ども達のそれぞれの美しい花を咲かせられるように
englishbizはそういう英会話教室でありたいと思っています。

Trackback

trackbackURL:http://englishbiz.blog90.fc2.com/tb.php/95-87503829