イングリッシュビズ 子ども英語

香川県高松市栗林、太田、松縄、屋島、仏生山、三木町にある「子ども英語」のenglishbiz(イングリッシュビズ)です。℡087-813-6378
Posted by englishbiz   0 trackback

英語教育の分かれ道?!

ポスター

こんにちは~。
englishbizのポスターが刷り上ってきました!

テーマは「英語教育」!

英会話スクール、塾など沢山の場所で英語を学べるチャンスがある今、
学びの場所が多くあるからこそ、その場所選びに悩まれることも多いと思います。

私たちは、是非沢山の教室やスクールをご見学いただき、
お子様にベストの学びの場所をお選びいただきたいと考えています。

子ども達が英語を話せるようになるまでには、
長い時間が必要です。
また、学校で英語が得意と言えるような点数への反映にも
時間と努力が必要です。

コミュニケーション。
テスト。
検定。
結果を出すことは簡単ではありません

だからこそ、しっかり選んでほしい
私たちは、そう思っています。

外国人が教える英会話スクールはたくさんあります。
しかし、日本の英語教育に精通した外国人講師は残念ながら少ない。
多くの英会話教室では、
書店で売っている第二外国語用の市販のテキストを使って、レッスンを行います。
(多くはアメリカ、イギリスで使用されている第2外国語教材)

アメリカやイギリスで使用されている教材は、
あくまでも現地での使用を目的に作られており、
日本人の子供たち様に作られたものではありません。

残念ながら、日本語の文法構造を理解し、
子ども達に分かり易く文法解釈を行いながら、
英語の文章構成、リーディング、ライティングを取り入れ、
美しい発音表現を習得する目的には作られていない・・・。

日本の子供たちが、学校英語に対応できるような発展性を求め
作られているものでもない。

だから、これまで?(今でも?!)多くの英会話では、
ゲームや遊びを取り入れ、貴重なレッスン時間を遊びに使い、
「本当の意味で英語を学問として学ぶ」時間は少ない:
不十分な教材・・・。教育に精通していない講師・・・。

残念ながら、使う言葉も少なく、口語的で、文章単位での返答を子ども達から引き出す機会は少ない。
もちろん、英語で自分の意見を書く時間はゼロに近い;;
だから、
「英会話に行かせても英語をちゃんと話せない学校の英語は出来ない
といった残念な結果が出ていました。


日本の子供たちが、
英語を話し、聞き、
中学(今後は小学高学年)・高等学校でテストの結果ものしっかり残し、
メールもスムーズに、的確な表現で英語で書き起こせる力をつけるには、
年齢に合った方法
学校教育も鑑み
コミュニケーション法や、国際社会の中で立ち振る舞えるマナー力、
表現力が必要です。

これらは、外国人講師が単に教室内にいて、
経験」としての英語体験では不十分。

日本の社会を担う子ども達には、
英語教育」が必要。
将来子ども達が英語というコミュニケーション・ツールを武器として各分野で羽ばたき活躍できるように・・・。

そんな熱い思いを込めて
このポスターを作成しました。

Trackback

trackbackURL:http://englishbiz.blog90.fc2.com/tb.php/91-d5f9ed6d