FC2ブログ
2010/07/02

家庭で子供にどう英語環境を与えるか?!

こんにちは。イングリッシュビズ英語学習カウンセラーです!

最近電話やメールでお問い合わせを頂く内容について
お話ししたいと思います。

色々なお悩みやご相談を頂くのですが、
なかでも、お子様が幼稚園以下のご年齢のお母様から、

「私は英語を話せないのですが、
子供には英語を話せるようになってほしいと思っています。
でも、まだ小さい子供にどう英語を教えていけばいいですか?」


というご相談は非常によく頂きます。


私も子どもを持った時、同じように考えていました。
子供に英語を教えよう」と。

実際家庭用教材も買ってみました。
でも仕事で忙しい毎日、自己管理で行う通信教材は続かなかった

カードやテキストは毎月どんどん送られてくるけれど、
どう扱えばよいか、どのくらい行えばよいか、
何から始めればよいか、まったく分からなかった。

恥ずかしい話です;



少しずつ大きくなっていく子ども。
成長するとともに、色々な可能性を広げていく子どもを見ていて、
いつの頃からか、

「子どもにはそれぞれの学習に適した方法や時期がある。」

と思うようになり、医学書や心理分野、人間発達学の教科書を
読みながら、その発達段階に合わせ、各学習方法を導入し、
現在バイリンガルキッズ子育てしています。

外国人と英語でコミュニケーションしている子供は、
日本語を話すように、当たり前に英語を使っています。


これらの経験をもとに、
家庭で親ができること
家庭以外の教育機関でできること

は異なり、どちらが不足しても子どもが英語を自由には話せないと思います。


家庭では、どちらかと言うと、
「英語を教える」という方法は、親、子供ともに持続力、持久力、努力を要し、
続けていくことは結構大変です。

ですので、保護者の方たちから、ご相談頂いた時は、
「家庭では、お子様が英語を好きになってくれる環境を作ってください」
とお願いしています。

その具体的な方法としては、

①お子様が好きなDVDを一日30分程度見て頂く
②車などで移動される場合は、お子様が好きな英語の歌を聞かせ、一緒に歌う
③英語版の絵本をお子様の身近な所に置き、お母様が読める場合は読み聞かせ頂く
④市販の英語絵本についてある英語音声CDを聞かせる
⑤英語のパズル(アルファベット)をして頂く

まずは、この辺りから開始して頂きます。
上記の事柄でしたら、保護者の方が「教える」と言うよりも、
お子さんが「英語を使って遊ぶ」というスタイルで、
保護者の負担も少なく、
お子さんにとっては、常に英語に接する環境ができます。

家庭では、「英語が子供たちの身近にある環境作り」が一番大切なポイントです!

この環境作りをして頂き、
1週間に1度、「英語を学ぶ場」=「英会話スクール」等に通い、
学習の継続性を持たせます。


また、幼稚園児さんでは
まだまだ日本語も出にくく、言葉の定義も成長過程にある時期は、
お子様に強制することなく、少し見守っていてほしいと思います。

子供たちはある時
大人たちをびっくりさせるほど大輪の花を咲かせます。

ある時急に英語を話しだしたり、
アルファベットを書き始めたりします。

それまでは、「INPUT(インプット:入力)」の期間です。
子供たちがOUTPUT(アウトプット:出力)するまで、
ゆっくり、持続的に子供たちに英語環境や学習を
提供してみましょう。


お子様に英語を話してほしい保護者の皆さま。
まずは、お家でお子様が英語を身近に感じられる英語環境を設定してみてください。


おススメDVD
Blue's Clues: ABC's and 1,2,3's [VHS] [Import]Blue's Clues: ABC's and 1,2,3's [VHS] [Import]
(1999/01/12)
Traci Paige JohnsonNick Balaban

商品詳細を見る