FC2ブログ
2018/05/30

英語を「話せる」子ども。英語も「書ける」子ども。



今日は、こんなカワイイ子どものお話。

上の写真は、小学1年生の女の子が
「今日のおやつは、大好きなイチゴフルーチェ!」
といって、おやつのフルーチェ作りの予定を書いてくれたもの。
彼女は自分の意見を英語で「話し」
英語で文章も「書く」。

小学1年生と言えば、母国語の日本語でも文章を書くのは難しい時期ですが、
イングリッシュビズでは、
英語を「話す」、「聞く」はもちろん、「読む」「書く」までを
幼稚園クラスから行います。

彼女曰く、
「来週は、これ「過去形」で書けるね~~」と話、
周りの先生の方が、『ぎょ!』

まさか、時制まで気にしていたとは・・・。
恐るべし、キッズ!