FC2ブログ
2018/05/13

日本の教育にはもっとphonics (フォニックス)を!

3才になったばかりの子供でも、こんなに英語を読むことができる。
[広告] VPS


日本の英語教育で足りないのは、会話力だけではない。
「読む力」、自己表現をスムーズにできるまでの「書く力」を養うこと。

会話力も必要だが、ある時期が来たら「読み」「書き」も
しっかり繋げ、学びを深める必要がある。

「読む力」をつけることは、語彙を増やし、英語の理解が深まるだけでなく、
自分の考えを表現するしっかりした文章を
書く基礎も養える。


phonics
小さい時から、フォニックスを学ぶことは
その後の英語学習を進めるうえでも大事な要素。