イングリッシュビズ 子ども英語

香川県高松市栗林、太田、松縄、屋島、仏生山、三木町にある「子ども英語」のenglishbiz(イングリッシュビズ)です。℡087-813-6378
Posted by englishbiz   0 trackback

いつ教育すれば効果的?

こんにちは。
今日は教育とお金のお話。

日本政策金融公庫の調査では、なんと子供のいる世帯では、
年収の約40%が教育費として支出されているそうです。

どうりでうちもお金ないはず:::

教育には、お金がかかる。
国の教育への支出はドンドン先細りし、苦しい懐事情、仕方がない部分も多いけれど
良い教育、教育投資に対するリターンを考えると、

教育に対し、「いつ」どのようにお金を投資するべきか切実に考える。

それでちょっと調べてみると、
こんなグラフに出くわした。
ベストセラー学力の経済学の中に、とても興味深いデータがある↓
whenwedoeducation.jpg
引用:「学力の経済学」 中室牧子著


このグラフは、子供の年齢別に教育に投資したリターン(効果)を経済学的見地から
考えたデータ。

中学、高校で、授業料の高い塾へ子供を通わせているが、
ショッキングなことに、「人的資本への投資は、子供がとにかく小さい時に投資すべき
と結論付けられている。

つまり、小さい時にしっかり教育を受けている子の方が、
将来的な経済的成功率は高く、
大きくなった遅い時期に投資しても、
投資に対してのリターンは少なくなる。
(※ここでは、経済的なリターンのみ述べている)


将来の成功は、お金だけではないが、
子どもの経済的な成功は、どんな親も望むところだろう。
うちも子供に成功してほしいと正直思う。


東大出身者の平均世帯年収は、1,000万円を超えており、
教育に対する投資の差が、学力の差を生んでいることは
色々なデーターでも証明されている通り。


では、親はどうすれば、子供の成長、成功を手助けできるのだろうか:::

エビデンス(上記データ)を見ると、小さい時にしっかりよい先生のもとで、
小さい時から教育を受けさせることが子ども達の成功には深い関係があるのだろう。


教育業で生きている私達は、
子供を思う保護者の思いをより深く理解し、
大切な未来の子供たちを教育していく義務があると襟を正した次第です。


すべての子供たちが、
自分の生きる道に満足し、その道の成功を得て頂けるために。

Trackback

trackbackURL:http://englishbiz.blog90.fc2.com/tb.php/127-dd60975b