イングリッシュビズ 子ども英語

香川県高松市栗林、太田、松縄、屋島、仏生山、三木町にある「子ども英語」のenglishbiz(イングリッシュビズ)です。℡087-813-6378
Posted by englishbiz   0 trackback

これからの学力

こんにちは★
これからの学習の取り組みの参考になればと思い
今日もちょっと書いてみます。

今すでに、すべての分野で
情報を制する者が、その分野を制するといわれるほどの情報社会
学力、入試でもその傾向が色濃くなっている。

特に2020年からの新大学入試制度、
それに伴う高校入試・・・中学受験・・・頂点の変化が下層へと影響を及ぼす。


学習意欲、意識の高い家庭ではすでに対策がとられ始め、
大手の学習塾でもデータ、出題傾向の情報収集が加速している。
ただ、地方のゆっくりした地域では、変化への準備がまだまだのところも多く、
何となく 「なんかしないとね~~」と思っている間に
全国の競争相手はすでにスタートを切っていたりする。


子どもの学校での成功もやはり情報力
対応策への早いアクションが必要な時代になっている。

学校や先生方の中では、日頃の業務の多さに、子供たちを長期的な視点で見守ることは難しく、
「小学校」/「中学校」/「高等学校」を区切りに点としての視点が強い;;
連続性をもって子ども達を見つめる機関は、より民間の方が大きいともいえる。

私達も学べば学ぶほど、
子ども達にいかに伝え、満足いただける結果を提供できるか以前以上に真剣に考える。


これからの子供たちは、
一昔のような暗記型の学習、所謂「インプット」重視学習から、
これまでの「インプットした情報」を、自分式に加工し、表現出力する「アウトプットする力」も
あわせて必要になるだろう。

親たちはこの「アウトプットする力」の教育を受けていない・・・。
また、アウトプットする力は、短期記憶のようにはいかず、
長い時間をかけ素地を育て、実践が必要。

普段から子どもを取り巻く大人たちが、
子ども達に向かい、「どう思う?どうすればいい?」「君ならどうする?」と
継続的なオープンクエスチョン、フォローが必要になるだろう。


日本の少子化を考えると、
国が子ども達をオールマイティに育てなければならないことも理解できるが、
子ども達は大変だなぁと思う。


これからの未来を支える子ども達が
みんな幸せに、自分らしく成功する力が持てるように
私達は全力でサポートしていきたいと思う。

englishbizが、これまでは英語教育だけを実践してきたが、
これからの子供たちの将来を真剣に考えた時、
「英語が話せる」だけではダメ。

より子ども達が成功を掴めるように
グローバル人材育成へと社内改革が必要と結論に至った。

スタッフの中には、その目標に賛同できず、
退職された方もいたが、
私達は、この香川県高松市、三木町で教育業を営む企業として
より進化が必要と考え、現在に至りました。

次のリーダーたちをサポート出来るよう
私達も頑張って参ります!

Raising Our Leaders For Tomorrow.

Trackback

trackbackURL:http://englishbiz.blog90.fc2.com/tb.php/125-3228cac1